ソーラーシェアリングで農地を余すところなく活用

魅力的なシステム

土地を最大限活用できると話題になっているのが、ソーラーシェアリングです。国内でも導入を始めている農業法人や農家が増加しています。この新しい仕組みについて解説していきます。

ソーラーシェアリングとは

もともと太陽光パネルを用いた発電システムは、古くから利用されているものです。近年では太陽光発電による売電がスムーズにできるように法改正が進められたり、販売業者の数が増えたりした影響もあってその普及率がアップしています。導入コストも以前より安くなっているためメリットが大きくなっています。また、自然エネルギーを活用したエコな発電を支持する層が拡大していることが注目される要因となっています。そんな太陽光発電を使った新しい取り組みが、ソーラーシェアリングです。農地で農業を営みながら、同じ土地で太陽光パネルを使って発電することができるため、用地のコストをかけずに収入を増やすことが期待できます。

ソーラーシェアリングに適した農作物一覧

  • 三つ葉
  • レタス
  • 唐辛子
  • キュウリ
  • イネ
  • モモ
  • ブドウ
  • ナス
  • エンドウマメ
  • ピーマン

導入すべきメリットを紹介!

収入が増える

売電により、収入を増やすことができます。1反の土地であれば、20年間で4000万円程度の収入を得ることも目指せます。

農作物のストレスを減らせる

太陽光が過度に当たることが防げますので、農作物の種類によってはストレス緩和に役立ち、健やかな成長を促すことができます。

土地を有効に使える

同じとして作物を収穫しながら電力を蓄えることもできて、一石二鳥です。無駄を減らして売り上げアップが期待できます。

保証制度で安心

業者によっては、さまざまな保証プランが用意されています。自然災害による保証や、メンテンナンスなどを無料で任せることができて安心です。

表面利回りが高い

1反の土地での表面利回りは、約12パーセントと高い水準となっています。資産運用としても十分検討する価値が高いといえるでしょう。

[PR]ソーラーシェアリングをはじめよう
土地活用にピッタリ☆

[PR]ビルの省エネ対策をはじめよう
有益な情報を要チェック!

ソーラーシェアリングを導入する前に検討しよう

屋根

これからを見据える

環境問題や将来的なことを考えて、ソーラーシェアリングを決める農業法人や農家が目立ちます。太陽光を利用してエネルギーをためることができるシステムですが、新しい技術によって、農地の空間を活用して発電することができるようになりました。農作物との相性はありますが、農業をしながら売電することもできる画期的なシステムで注目されています。

パートナーを選定

ソーラーシェアリングの導入を本格的に考えているなら、販売業者の選定が重要になります。メリットやデメリットをしっかりと伝えてくれ、収入やコストのシミュレーションから最適なプランを提案してくれるところを選ぶようにしましょう。販売実績が多く、保証制度も万全であるといった特徴があるところであれば、安心して長い付き合いができるため支持されています。

広告募集中