ソーラーシェアリングの販売業者の探し方をチェック!

数あるソーラーシェアリング業者の中から優良業者を見つけよう

導入するための条件

  • パネルを設置したことにより、近隣の環境に影響(日陰など)が出ないこと
  • 設置する場所の周囲360度がすべて農地ではないこと
  • 農業委員会から農地の一時転用許可を得ること
  • 営農計画を提出すること
  • 近隣に電柱があること
  • 費用対効果が高いこと
  • ソーラーシェアリングの影響を受けにくい農作物を育てていること
  • 農作業に支障が出ないこと
  • 強度を保持した設置ができること
  • 気象条件の影響を受けにくいエリアであること

販売業者の見極めポイント

契約は慌てずに!

飛び込みの営業に多いのですが、早く契約をするように焦らせる業者は注意が必要です。悪質な業者になると、クーリングオフができないとウソをいったり、詐欺まがいの行為をすることもありますので、ゆっくり慎重に信頼できる契約を結びましょう。

比較検討しよう

業者によって料金体系は変わります。また、サービス内容にも違いが見られますので、まずは資料を取り寄せて比較検討することが大切です。そうすれば、冷静に各社の特徴を把握することができます。その上で気になる業者に問い合わせるといいでしょう。

サービス内容を吟味する

営業担当者に会ったら、設置する上での長所と短所を説明してもらいます。また見積もりも依頼して、正確な金額を出してもらいましょう。複数の候補の担当者に直接会って話をすることで、より最適なサービスがわかるはずです。

実績があるかどうか

ソーラーシェアリングは、まだまだ新しいサービスになります。そのため長いスパンでの実績をチェックすることは難しいです。しかし現状でどのようなところに販売実績があるのか知ることができれば、大きな判断材料として参考になるでしょう。

ソーラーシェアリングの販売業者の探し方をチェック!

一軒家

業者選びは重要

近年全国の農家や農業法人に注目されているのがソーラーシェアリングです。営農しながら太陽光発電をすることができる魅力的な仕組みですが、まだまだ新しいサービスになるため、二の足を踏んでいるケースが多いようです。しかし、優良業者から適切な太陽光発電システムを購入して運用すれば、投資目的としても活用できるほどメリットがあります。信頼できる業者を探して、本格導入を検討していきましょう。

評判をチェック

最近ではソーラーシェアリングを販売する業者の数も増えています。その中から優良業者を見分けるために注視すべきなのが、口コミです。地域の農家や農業法人のネットワークを活かして、既に導入しているところにヒアリングをするのも良い方法です。話を聞いて同じように利益が見込めるようであれば、同じ販売業者を紹介してもらえばいいでしょう。

導入コストを調べる

また、購入前にはできるだけ費用の相場を押さえておくことも大切です。設備や土地の広さによっても値段は変わってきますが、同じような規模で利用する場合に、どれくらいのコストがかかるのかリサーチしておきましょう。知り合いの農業法人や農家が既に導入済でも、状況が変われば参考にならない場合もあります。相場がわからなければ、他の地域の関係者に問い合わせてみたり、インターネットの口コミサイトなどを参考にするのもいいでしょう。また、直接販売業者の担当者に聞くのも良いです。ただし、複数の業者に聞いて裏どりをした方がいい場合もあります。

広告募集中